エンディロアさんのチラ裏 - Ver GW2
たまに役立ち、ほとんど役立たない情報が載るブログです。
201210<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201211

No 土地 有用度 難易度 発展度
1【CLOCK TOWER】★★☆☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆
2【Sorrow's Embrace】★★★★☆★☆☆☆☆★★★★☆
3【Cursed Shore】★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆
4【Cursed Shore】 2★★★★☆★★☆☆☆★★☆☆☆
5【Black Citadel】★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★☆☆☆
6【Diessa Plateau】★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆
7【Eternal battlegrounds】★★★★☆★★☆☆☆★★☆☆☆
8【Lion's Arch】★★★☆☆★★★★☆★★★★☆
9【Lornar's Pass】★☆☆☆☆★★★★☆★☆☆☆☆
10【Fractals of the Mists】★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
11【Fractals of the Mists】 2★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★☆☆☆
12【Lion's Arch】 2★★☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆
13【Lornar's Pass】 2★★☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
14【Griffonrook Run】★★☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆
15【Personal Storyのアレ】★★☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆
No 土地 有用度 難易度 発展度
16【Sparkfly Fen】★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
17【アスラゲート】★★★★☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
18【Heart of the Mists】★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆
19【Fractals of the Mists】 3★★★★☆★☆☆☆☆★★☆☆☆
20【Swashbuckler's Cove】★★☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆
21【Brisban Wildlands】★★★★☆★★☆☆☆★★★☆☆
22【Snowen Drifts】★★☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
23【Guild Puzzle】★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★★★
24【Super Adventure Box】★☆☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆
番外1【WvW】★★★★★★☆☆☆☆★★★★★
番外2【Twilight Arbor】★★★★★★★☆☆☆★☆☆☆☆
番外3【Arah】★★★★★★★★☆☆★☆☆☆☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってはいけない!【Cursed Shore】

行ってはいけないシリーズ第3弾

有用度3 ★★★☆☆ (好きな場所にいけそう)
難易度3 ★★★☆☆ (ちょっと迷う、そして床が抜けるトラップ有)
発展度4 ★★★★☆ (掘り下げれば、なんかまだ出てくる)


第3弾はみんな大好き【Cursed Shore 】にしました。

ここのマップはLvが上がってくると稼ぎ場として常駐する人もいるのでは無いでしょうか。
そんなマップにも、やっぱり次元の狭間は存在します。

という事でまずは入口から。

Cursed Shore2

うん、マップの入口ですね!
このマップの入口って奴は、2回目以降なかなか来ないので探しにくい狭間入口だったりします。

んで、矢印が指す場所が入口になっていて、それほど難しい入り方はしません。


Cursed Shore1

こんな感じに登るだけ、 ね、簡単でしょ (アフロ

ここを道なりにいくと、左側に抜けられるのですが

Cursed Shore3

あの大きい円の北側に出れます。 まぁ行き止まりなのですが。
ここの海は相当深くまで潜れます!!


・・・有益さが無い。


という事で左側に抜けます。

左側に抜ける方法は色々あるのですが、一番スマートなのは下記の方法。
 ※下の道に落ちても、反対側に登れます。

Cursed Shore4

ここまで来ると、後は試行錯誤って奴なのですが
ヒントを書くと
 ・南下すると透明の壁があり、越えられない。
 ・透明の壁は木に登ってから超える。

という事です。はい。

南下すると、後はそこそこ自由なので、色々試して下さい。
 ※何か面白い所があったら、ぎぶみー です、お願いします。


今回は一例として、マップ東の海に落ちる方法。

海に落ちると、Cursed Shoreの地面の下に広がる広大な海を泳ぐ事ができます。

そして・・・

Cursed Shore5

Lv80ダンジョンのThe Ruined City of Arah の直下に出れます。
このダンジョンは連続イベントのクリアによって、直前の門が開くのですが
極稀に開いていない場合があります。

そんなときは、この道で、直下に来てから一度ログインしなおすと

Cursed Shore6

こんな風に頭上の正規マップに飛ばされます。
 ※画像は正規マップの屋根の上・・・位置は慎重に決めないと、結局降りられない orz
  ⇒逆に考えると、さらなる知らない土地にいけます!!! ←すごく重要。


という所で、第3弾も終わりです。

今後はマップの狭間を中心に小ネタを上げていきたいと思います。 

.
スポンサーサイト
ハロウィンの鬼ごっこ

ハロウィンイベントを堪能すべく、
変則PvPとなる「Lunatic Inquisition」をやってきました。

簡単なルールを言うと
 ・Villagers(人) はCourtiers(鬼)に殺されないようにする。
 ・Courtiers(鬼)に殺されると、Courtiers(鬼)になる。

 ・Villagers(人)は「逃げた時間」「攻撃を避ける」「おつかいをこなす」等でポイント増加。
 ・Courtiers(鬼)はとりあえず、Villagers(人)をぬっ殺す。

こんな感じ。
随所に隠れる場所があるので、下調べが必要であれば「Mad King's Labyrinth」を
探索するのも良いかもしれないです。

なお、以下の画像は逃げ切った時の・・・・
まぁ、なんだ逃げるだけじゃダメですねw

鬼ごっこ

高得点を狙いたい場合、個人的には
・鬼(できれば1-2人)に見つかり、攻撃をドッジで避ける。
・Foodを拾い食いで回復。
・Torchを投げて、相手を数秒足止めする。

・鬼になった後は「隠れている人」を探す。なお、蜘蛛の巣とかがあると余裕をもって殴れる。
 ※普通に走っている人は、この時点で殺されている可能性が高い。
 ※隠れる場所は、「ほこらと壁の間」「蜘蛛の巣を抜けた先の空間」「崖の右手にある隙間」等
 
このような所でしょうか。

気軽にできるので、お試しあれ。

.

行ってはいけない!【Sorrow's Embrace】
行ってはいけないシリーズ第2弾

有用度4 ★★★★☆ (随時使えるショートカット)
難易度1 ★☆☆☆☆ (1回わかれば余裕)
発展度3 ★★★★☆ (掘り下げれば、なんかまだ出てくる)


第2弾は「探索モードにも行きたいなぁ」の意味もこめて
【Sorrow's Embrace】にしました。

事の始まりは「テレポートスキルで抜けられる壁がある」という現象。
試しに、このマップの扉(金網)にやったら抜けられました。 という話。

具体的なスキルについては知ってる範囲で
 ・シーフ: Infiltrator's Arrow
 ・エレメンタリスト : Lightning Flash
 ・メスマー : Blink

こんなところ、要は地面指定のテレポートなわけだ。

結局、どんな所が抜けられるのか? 抜けたらどうなるのかっていうと下の図。

Sorrow3

相当、あっちこっち自由にいける。
 ※上のはストーリーモード完了後にフラフラしてみた図。
  通常いけないインタレストがかなり開いた。

これについては探索モードもやってみて有用性を確かめてみたい。


次に緑の丸の部分。
これは、誰でもできて即効性のあるテクニックなので、ぜひマネしてほしいなぁ。

Sorrow4

まぁ、見ての通り。
ダンジョンにいけば、なるほどなぁと思ってもらえるはず。


んで、上のを駆使したらストーリーのボスがソロで攻略できた。

・・・けどイベントは進まずだったorz

最後に、ボスのテクニックとしては立ち位置。

Sorrow1

上記の部分だと
 ・上から降る溶鉄に当たらない。
 ・ボスの光線にも当たらない。
 ・ボスにダメージを与えるアイテムが、目の前の敵から落とされる。

といううれしい状況により、かなり楽になる。


以上、第2弾は終わり。

追伸:誰か発展させて、自分とかにフィードバックくれると嬉しいです、まじで。
   1人だと、インスピレーションの限界だ。


.
つぶらな瞳
つぶらな瞳

・・・無駄に愛嬌がある

.
.
行ってはいけない!【CLOCK TOWER】
行ってはいけないシリーズ第1弾

有用度2 ★★☆☆☆ (やや有用、目立つかも?)
難易度2 ★★☆☆☆ (ジャンプの踏切が大事)
発展度1 ★☆☆☆☆ (何もないマップなので・・・)


ハロウィン限定なので、早めに書いておこう!
という事で第1弾はコレにしました。

場所の行き方については割愛、というかわかるはず。


①まずは門の右の石に登る。
 ※Point:石の一番高い所に登る事を意識すること。

CLOCK TOWER3


②まずは門の左の石にジャンプする。
 ※Point:スウィフト必須ぽい。(シーフはシグネットでOK)

③画像の左手、屋根の濃い部分に向かってジャンプ
  ※Point:透明の壁があり、そこに乗っかる事ができます。

CLOCK TOWER1

④海はダイブ

CLOCK TOWER2


とまぁ、こんな感じで泳げます。
知らない外国人が ??? って顔して話しかけてくれるかも知れない…


⑤おまけ
 一応、本来のもクリアしました。

CLOCK TOWER4


今回は ここまで ノシ
.
.

MADE IN ・・・
ハロウィン三昧の中、如何お過ごしでしょうか。
自分も例にもれず、マッドキングの国で放蕩しているのですが
なかなか芸の細かい画像が撮れたので貼っておきますね。

蜘蛛


というか、ベテラン以上の大きさじゃないと見えないし
蜘蛛のベテラン自体が余り動線に入らないので気づきにくい。

もしかしたら緑骸骨にもどこかに・・・
開始から2週間(移転記事)
1021915_戦闘

GW2が開始されたので、ブログ再開です。


GW2は発売初日に買って、3日間の先行プレイもしてきました。

それも含めて2週間が経ち、やっとゲームをプレイしている という気分になってきました。


と、いうのも英語が分からないので

 ・動画すっとばす

 ・クエストは

  ⇒なんかクエストきた、ゲージ出たw

    ⇒周りの敵倒したり、アイテム拾ってみよう。

      ⇒この行動したら増えた、よしやるぞw

        ⇒なんかわからんけど、クエスト完了。

 ・キャラには3種類の性格?(魅力、威厳、獰猛)とかあるのか

  ⇒選択肢の内容や会話、ストーリーが変わるんだろうきっと。

    ⇒まぁ、わからねぇがな!


等々、単純作業繰り返しているだけなんじゃね? という感じでした。
ただ、Wikiを見たり実際にプレイをしてみたりすると


戦闘に必要な知識は「スキル」と「トレイル」ってやつか
 ⇒前作に比べてスキルは少ないけど、トレイルの組み合わせが今回の目玉なのか。

 トレイルは前作だと特性になるのですが、内容はガラリと変わっていました。
 各箇所を挙げる事でパラメータの一部が増加。
 5や10の節目で六角形の部分が解放され、恩恵が得れる。
 10の倍数は特に複数から選択できるため、この組み合わせで
 自分の特色を表すのが、今回の楽しむべき箇所だと思う。

 スキルが減る事により
 どうしても前作のような楽しみ方ができない点は大きいと思う。
 そこを埋めるだけの深さがトレイルにあるのか・・・これから見極めたいなぁ。


マップは特定ポイントに行けば良いのか
 ⇒うほ、ジャンプとか駆使して景色良い場所に登るとかあるのか・・・
  ⇒落ちたら死んだし・・・
   ⇒地方のマップ100%でアイテム貰えるのか、達成感あるわ。

 マップ100%でお金と経験値、アイテムがもらえます。
 特にアイテムはジェム(ゲーム内の金、リアルマネーのどちらでも買えるもの)で交換できる
 アイテムが出るので、チャンスになります。


生産ができるのか
 ⇒日本のみたく、生産ONLY職とか無いから軽めの仕様だな
  ⇒称号用に少し頑張る気になるな。
   ⇒うは、採取とか面倒or楽しいで分かれそうだ・・・

 採取はマップに出ている「菜っ葉、木、鉱石」をとっていきます。
 無くてもゲーム進行は困らないのですが・・・
 「ドラ○エで全部のタンスとツボ開ける」「ダンジョンの宝箱全部取る」人は
 必ずと言ってよいほど採取するんじゃねぇか?


トレードポストか
 ⇒前作みたく全員で相場作る仕様で、対象は全アイテム(前作はルーンとかだけ)か
  ⇒採取無理ぽの人はここで買うんだろうねぇ。
   (ジェムの事を含めて、また次の機会にでも記事にしてみます。)  
 

称号か
 ⇒前作の称号パターンに加えて、ザイシンクエスト?みたいなのがあるな
  ⇒内容は今のところ毎日一緒だ・・・月単位とかで変わるのかな・・・

 現状のデイリーは
  ・敵60くらい倒す。
  ・敵15種類くらい倒す。
  ・採取を60回くらいやる。
  ・イベント(突発イベント含む)を15回こなす
 だったかな?
 2時間くらい達成可能で、今のところ普通に進めていれば9割くらい終わってます。

とまぁ・・・
システムが分かってくると、途端にゲームをしている事が実感できるようになりました。
ストーリーは残念ですが日本語待ちにしています。
それまで1stキャラで失敗しつつ勉強をして
本命のキャラを作成したら、今を生かしたキャラ育成をしていこうかと思います。

ブログ再開一発目にしては簡素ではありますが、こんな感じで。

※画像は外しました(旧版で載せて消してしまいました。)


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。